髭脱毛の痛みと副作用

髭脱毛に伴う「痛み」と「副作用」のリスクを厳選解説

髭脱毛において最大の懸念事項か

 

医療レーザー脱毛であれば、髭はなくせる。
だから、医療クリニックで髭脱毛を始めれば問題なし。

 

と言いたいところだが、やはり「痛み」「副作用」は気になる!不安だ!という方も多いだろう。確かにこれらは、費用の次に切実な問題である(人によっては一番重要か)。

 

実のところ、これらについても、きちんとクリニックでのカウンセリング時に説明してくれるし対策も徹底されているので、心配は無用だ。

 

が、事前に知っておくことで心構えができる。
知っておいて損はない。

 

しかし、本当に危惧すべきは、痛みや副作用について知ってしまったことで、髭脱毛を諦めてしまう人が出るかもしれない、ということである。これは非常にもったいない。そうならないよう、あまり気負わずに気軽に考えることをおすすめする

 

 

 

痛みについて

 

医療レーザー脱毛は、その名の通り強力なレーザーで毛根を焼いて毛を生えなくさせる方法なので、当然、痛みを伴う。

 

その痛みは、「ちょっと我慢すればいいんだろ」くらいの気持ちでは決して耐えられないくらい痛い。非常に痛い。

 

レーザーは、黒い色に反応するため、毛が濃く密度が高いほど、より痛みは強くなる。
つまり、体毛の中で最も濃く密度が高い髭は、最大級の痛みとなる訳だ。

 

しかし、痛すぎては脱毛が成立しない。
そこで、クリニックでは2種類の麻酔を用意してある。

  • 笑気麻酔
  • 表皮麻酔

各3,240円。効果が出るまでに30分。

 

痛みがどうしても耐えられない場合には、麻酔を使おう。
いくらか軽減できるはずである(残念ながら、完全にはなくならない)。

 

とは言え、麻酔なしで耐えられる人も少なくない。
単純に、麻酔の料金と使う時間がもったいない、とも言える。使わずに済むならそれに越したことはないだろう。

 

 

副作用について

 

副作用は、絶対に起こらないとは言い切れない。
髭をなくす(体に変化を加える)という施術の性質上、誰にでも起こり得るものだ。
この点については、特にしっかりカウンセリングで説明してくれる。髭脱毛を始める前からわざわざ不安になるようなことではないので安心しよう。

 

レーザー脱毛後に高確率で起こる副作用

 

  • 赤み・ヒリヒリ・むくみ
  • レーザー脱毛の仕組み上、最初の数回は必ず起こる

    施術後に冷却と保湿を徹底すればすぐさま解消可能

 

  • 毛嚢炎
  • 白いニキビのようなもの。髭剃り後などにも発生しやすい

    肌を清潔に保ちしっかり保湿すれば、発生を抑えられる。施術後は、むやみに肌を触らないこと

 

  • 泥棒ひげ
  • レーザーの熱で、一時的に髭が膨張し濃く見える現象。若干髭が剃りにくくもなる

    1日から3日もすれば自然と治るので、特に問題ではない。気になる人はマスクで隠そう

 

看護師の技術による副作用
  • 火傷
  • よほど下手な看護師でない限り起こらない

    適宜肌を冷やしてもらう&照射ペースを落としてもらうように頼めば、確実に防げる

 

  • 打ち漏れ
  • 部分的に照射されなかった場合に髭が残る症状

    施術中に照射された感のない部分に気づいたら、すぐに指摘しよう。施術後に気づいても無償で追加照射してくれるクリニックがほとんどなので大丈夫

 

個人の肌質髭質による副作用

 

  • 増毛化、硬毛化
  • 毛が硬くなったり増えたりする症状

    もともと濃い髭では、滅多に起こらない。もし、起こったとしてもそのまま脱毛を続けていれば、他の毛と同じようになくなる

 

リスクがあるからこその医療レーザー脱毛

 

このように、髭脱毛には痛みや副作用のリスクがある。
しかし、その可能性があるからこそ、医療クリニックで髭脱毛する価値と意義がある訳だ。

 

たいていの場合、すべて無料で治療してくれるので、よほどレーザー脱毛が肌に合わない体質でない限りは大丈夫。

 

個人のケア不足の場合は治療が認められないこともあるため、保湿だけは常日頃から徹底するようにしよう

 

あとは、「想像以上に痛い」ということだけ把握していれば十分である。